ブログ

ルーペのレンズの種類

ルーペに使用されるレンズは形状によって効果が異なります。エッシェンバッハのルーペは用途に応じて最適なレンズを用いております。

lens

ルーペは文字などを読む低倍率のものと、観察や検査などに使う高倍率のものに分けられます。
低倍率は見たいものにかざして両目で見るため、焦点合わせがしやすく、一度にたくさんの文字を拡大できる大きなレンズが求められます。
高倍率のルーペはルーペを目と対象物に近づけて片目で使用します。拡大率が大きいので収差(ゆがみ)や色収差があると正しい情報を得られません。
精密さが求められる高倍率ルーペには2種類のレンズを組み合わせた形状のレンズを使用し、より肉眼に近いクリアな視界を得られるようにしています。

関連記事

ページ上部へ戻る